感動・満足・提供企業 株式会社ダイナックの挑戦

ダイナックが人材育成に力を入れる理由

当社では、人は財産と考え【感動満足提供企業】として、働く仲間の輝く場を提供することを重視しております。ホームページにも記載しておりますが、企業理念の「企業行動規範」で「お客様の喜びと幸せに貢献します」を第一に掲げております。そのためには、当社で働く全ての従業員が、
仕事を通じて喜びと幸せを感じて楽しんでほしいと考えており、様々なコンテストやお客様の声、感動体験を共有する仕組みを導入しております。
今後も人が育つ環境作りを強化して参ります。

D1グランプリとは

ダイナックで働く従業員(社員・パートナー)を対象とした接客技術を競う接遇コンテストです。
2011年より実施しており、今回で7回目の開催となりました。過去のエントリー(応募)は、
第1回208名、第2回223名、第3回256名、第4回208名、第5回203名、第6回155名、
そして第7回は137名の精鋭者が参加しました。
今回からは各営業本部内で予選を行ない、ダイナックの強みである
「技術力・チーム力・もてなしの心」を体現出来る代表者が選ばれており、
ハイレベルな闘いが繰り広げられました。

決勝の内容と採点内容

採点内容については、ロールプレイングでの気づき(3点)、立ち振る舞い・言葉遣い(12点)、オリジナリティ(15点)、理解力・表現力・伝える力(30点)、お見送り(20点)、スピーチ・質疑応答での伝達力・熱意(10点)の合計90点満点で採点を行います。
決勝戦の審査員は5名で、当社代表取締役社長である若杉以外はサービスや人材育成の専門家などの社外の広い視野の方にお願いし、公平な審査ができるようにしております。

 

決勝内容 時間
共通課題 テーマ:【商品説明力】【好印象なお見送り】【気づき】
新規客にお釣りを渡す場面からスタートという設定で、限られた時間の中で
如何に商品の魅力を伝えられるか。更に電話にてお店の名物料理について
質問される。
5分
スピーチ
「もてなしの心」「技術力」「チーム力」の中から1つをテーマに、サーバーとしてあなた自身が感じていること、大切にしていることについて
2分

〔共通課題〕対話力をみるロールプレイングの様子。
ステージ上の情報も本番まで与えられず、本番に臨む。
まさに選手の対話力が試される課題である。

第7回 D1グランプリ決勝出場者(12名)

店舗名 氏名 役職
ローズ&クラウン八重洲店 廣瀬 世奈 パートナー
インテックスカフェ 初田 大介 パートナー
燦ヒルトンプラザウエスト店 森 聡美 パートナー
こだまゴルフクラブレストラン 森前 敏美 パートナー
三木サービスエリア 大山 愛 パートナー
オールドステーション新宿店 水上 紗代 パートナー
鳥どり横浜西口店 三瓶 勝広 店長
名四カントリークラブレストラン 上池 陽子 パートナー
魚盛飯田橋店 石川 活明 店長
ヴィッラビアンキ京橋店 正木 弘美 店長代理
響丸の内店 高橋 翔人 ホール一般
北新地水響亭 倉知 香菜 パートナー

控え室の写真

ロールプレイングの後、2分という短い時間の中で、「【もてなしの心】【チーム力】【技術力】について」
というテーマでスピーチを行います。各選手の熱い想いのこもったスピーチで会場は感動の渦に包まれます。

第7回 D1グランプリ 結果発表

グランプリ受賞 燦ヒルトンプラザウエスト店 森 聡美
準グランプリ 魚盛飯田橋店 石川 活明
準グランプリ 鳥どり横浜西口店 三瓶 勝広

第6回D1グランプリダイジェストムービー

第7回 D1グランプリは、皆様のお陰をもちまして、今年も無事に終了することができました!
本当にありがとうございました!